0コメント

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAINとは? その発売日と価格

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAINがPS4で発売される。

発売日は2019年4月11日に決定。

2018年12月20日 PS Storeにてプレオーダー開始。

メーカー:ディースリー・パブリッシャー

ジャンル:3Dアクションシューティング

価格:パッケージ版(7,800円税別)

  :通常版 ダウンロード(7,800円税込)
  :デラックスエディション ダウンロード(8,800円税込)
  :アルティメットエディション ダウンロード(10,800円税込)

注意! CERO:Dのため17歳以上対象です。


対応人数はオフライン:1~2人プレイ/オンライン:未定となっている。


まずは、EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAINとは何ぞや?という、新規ユーザーの方へのお話から始めよう。

今までは地球防衛軍なるゲームタイトルでナンバリングが進んでいた。

今回のEARTH DEFENSE FORCE:IRON RAINは、株式会社ユークスというメーカーが制作した、もう一つの地球防衛軍である。


敵:地球外から現れたアグレッサーなる侵略者。

アグレッサー:全長1㌔にも及ぶ敵母船・ハイヴクラフト。 地球上の生物に酷似した外見の巨大生物兵器、正体不明の生物兵器、殺人戦闘メカなど多岐に及ぶ侵略者の総称。

☟ 1stトレーラー動画url ☟
https://www.youtube.com/watch?v=sHPKkF9K5mM



ゲームについて

地球防衛軍はアグレッサーに唯一対抗しうる兵器を有す歩兵部隊による、小規模な消耗戦を行っている。

プレイヤーは地球防衛軍の歩兵となってアグレッサーをせん滅する、アクションシューティングである。


地球防衛軍とは?

前作、地球防衛軍って、何なのだ? そこで、大まかにストーリーを紹介しよう。


外宇宙からの侵略者襲来
地球外から未知の侵略者“アグレッサー”が襲来した。
突如として外宇宙から飛来した全長1Kmもの巨大な空中浮遊物体“ハイヴクラフト”は、わずか3日間でアメリカからロシア、アジア、中東、欧州の上空を移動、世界各地に昆虫に酷似した巨大生物や殺人兵器を次々と投下し、多くの国と地域に攻撃を開始した。
人類は国家の垣根を越え、アースディフェンスフォース(通称EDF)を設立、この脅威に対抗した。しかし戦況は劣勢を極め、かつて栄華を極めた人類の都市は、そのほとんどか次々と瓦礫の山へと化していった。
侵略者に対抗しうる世界中の重要な軍事拠点は既に壊滅状態となり、人類はなす術なく終焉を迎えるかに見えた…。


西暦
2032

エナジージェムと強化外骨格
PAギアと呼ばれる一つのテクノロジーが人類に光明をもたらす。
この対アグレッサー用にEDFが独自開発した戦闘用強化外骨格は、アグレッサーの体内にある未知の鉱物エナジージェムを加工して作られたエナジーコアを動力源としており、歩兵を超人的な身体能力へと変化させた。
これにより、EDFは対アグレッサー用に開発された強力な兵器の数々を、機動歩兵による個人火器への運用へと方向転換していった。PAギアを装着した機動歩兵隊は、小規模ながらアグレッサーの侵略に歯止めをかけることに成功。人類は圧倒的な戦力差を歩兵で補うという消耗戦術に活路を見出そうとしていた。


西暦
2033

ハイヴクラフトの撃墜
それまで侵略者”アグレッサー”に蹂躙されるがままであったEDFは、一気に大逆転へと打って出る。ロサンゼルス上空で高度を下げたハイブクラフトに対し、総力戦を敢行したのだ。残る戦力をすべて投入するかのような捨身の撃墜作戦には、研究段階であった新型エナジーコアを装備したPAギアまでもが実戦に導入された。
そしてこの日、人類はついに勝利した。新型エナジーコアを装備した精鋭によって、遂に敵母船ハイヴクラフトは大破、撃墜されたのだ。しかし勝利の代償は大きかった。EDFは持てる戦力の大半と、作戦に参加したすべての精鋭部隊、そして新型エナジーコアのテクノロジーまでも失うこととなったのだ…。


西暦
2040

絶望に蝕まれた世界
それから7年もの月日が流れた西暦2040年。
廃墟となった無人の都市では、ハイヴクラフトという主を失った巨大生物たちが繁殖を繰り返し、その数を増やし続けていた。巨大な昆虫たちは、人類に代わり地球の新たな支配者となっていたのだ。生き残った市民は、地下へと潜んで都市部での生活を続けるものもいたが、その多くは危険の少ないエリアを探し求めて難民化していた。
ハイヴクラフトの撃墜に成功したEDFも、その戦力にかつての面影は無く、増殖し続ける巨大生物によって弱体化の一途をたどっていた。中枢である指令本部は壊滅、組織はあって無きが如くであった。残存部隊はそれぞれ単独で抵抗を続けていたがかろうじて生き残った基地を拠点としてゲリラ的な抵抗を余儀なくされていた。
絶望に蝕まれた世界で生き残るため、人類は希望なき、そして果てしなき戦いを続けていくしかなかったのだ…。


引用元:EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN公式ホームページ、STORYより引用。


プレイヤーである、兵士について


EARTH DEFENSE FORCEの主戦力は歩兵である。
歩兵たちは戦闘用強化外骨格、PAギア(正式名称はPhysical Augmentation Gear)を装着しており、その力によって超人的な身体能力を発揮している。

PAギアは数種類あり、兵士は装着するPAギアの種類によって、さまざまに戦闘スタイルが変化する。

PAギアは、エナジーコアをエネルギー源としている。


エナジージェム:エナジージェムは、アグレッサーの体内にある未知の鉱石である。 エナジージェムは膨大なエネルギーを産みだす。 エナジージェムがアグレッサーの巨大な体を維持させていると考えられている。


エナジーコア:EARTH DEFENSE FORCE(以後EDF)は回収したエナジージェムをカプセル状に加工することによって、PAギアや武器、基地施設などのエネルギーに利用している。 化石燃料、発電施設などの多くが失われてしまっている人類にとって、エナジーコアは貴重なエネルギーとなっている。
アグレッサーは人類の敵だが、彼らの持つエナジージェムはEDFの存続には欠かせない存在である。


兵士の種類

トルーパー:最も歩兵らしい外見の戦闘用外骨格であり、最も基本的なPAギア。 そして、最初に開発された種類のPAギアである。
これが開発されたことにより、非常に重量が重く、反動も強い、対アグレッサー兵器の歩兵による運用が可能となったのだ。
対アグレッサー戦において、必須のPAギアとなっている。

特徴
改良:歴史が古いことから、幾度にもわたって改良が施されたため、非常に扱いやすくなっている。
E-ダッヂ:瞬間的にエナジーコアの全出力をPAギアの推進力とシールドに回す事で回避行動を行う。 攻防一体の機能であり、その力は大型車両を跳ね返せるほどの衝撃を産みだせる。
扱いやすさ:前述のとおり、幾度にもわたる改良により、一通りの扱い方を覚えさえすれば、新兵であっても安定的な戦果を挙げることが期待できるのである。


ジェットリフター:飛行可能な性能を有したPAギア。 偵察部隊や強襲部隊に配備されている。
ベースはトルーパーであり、素材の軽量化が図られている。 装着者の身体能力の向上などの面で、基本性能はトルーパーに劣らない。

特徴
E-フライト:この形態のPAギアでは、搭載した飛行ユニットにエナジーコアのエネルギーを供給、自由に飛行することが可能になった。 地上から高所へ攻撃できない敵に対して優位に攻撃することが可能。
短所:飛行するため、重量を抑えている。 それには、装備の装甲を限界まで薄くして軽量化させることになる。 それによって、防御面に大きな不安がある。
扱いに熟練が必要:飛行するため、装着者の熟練がユニットの動作に大きく影響してしまう。 簡単には扱えないのである。


ヘビーストライカー:エナジーコア2基搭載という、超巨大侵略兵器対策用・新型PAギアである。

特徴:最大で、トルーパーの2.85倍の攻撃力。 トルーパーが両手で構える武器を片手で装備でき、両手に2丁装備が可能となっている。 しかも、同時発射の反動に耐えうるパワーを誇る。 地上走行しているだけでも、敵の巨大生物兵器をなぎ倒すという、衝撃を発生させる。
E-フィールド:ヘビーストライカーの前方に発生させる電磁バリア。 多くのアグレッサーの攻撃を無効化可能な強力極まりないバリアである。
短所:ヘビーストライカーは、攻撃も防御も強力であるが、エネルギーを使い切った後のリチャージには、長時間が必要となっている。 そうなれば、重く強力な装甲もかえって枷となり、敵のサンドバッグと化してしまう。 装着者がエネルギー残量と戦況を同時に考えられることが必要となっているのである。



見どころ

何と言ってもうじゃうじゃと現れる、リアル系の昆虫型の敵をなぎ倒す爽快感と、派手な演出であろう。


トレーラー動画を見た反響

「虫がリアルすぎ ひくわ」

「2019年が待ち遠しい!」

「おふざけ無し?」

「本気でイメチェンしてる」

などなど。



総評

トレーラー動画やスクリーンショットを見ただけでも、相当に力の入った作品であることがうかがえる。

見ているだけで、プレイしてみたくなるほどである。

前作、地球防衛軍のナンバリングシリーズをプレイしている向きも、今回初めて興味を持った向きも、ちょっと気にしてみて良い作品ではないだろうか?


何にしても、EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAINは、2019年発売予定の作品中でも注目すべきタイトルであろう。




☆これからは、会社に頼っていてはだめです。 あなたのための副業コーナー☆彡
☟ リスク0で始める ブログでの資産構築講座
https://musubu-asp.com/lp/1i8/2nfo

☟ 0円でYouTubeによる資産構築してみたいですか? その方法を知りたいなら、この講座です。
https://musubu-asp.com/rp/17/2nfo

☟ YouTubeで副業し、笑顔で活動されている方もいます。 この記事をお読みください。
http://ginsoba999.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

☟ 0円で始められるブログで資産構築する方法を知りたい方は、この講座です。
https://musubu-asp.com/rp/44/2nfo

☟ 本腰入れてYouTubeで副業したい方は、コチラです。
本気でやってみたい方だけクリックしてください。
http://banana-asp.net/lp/887/971150

☟ もし、仕事ができない状態になったら… 1千万円の不労所得を得るための講座です。
悪用しない方、本当に困っている方、これは役に立つ講座です。
【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

この記事へのコメント