0コメント

頭にこびりつくゲーム その1

自分は、いろんなゲームをプレイしました。
その中でも、操作性が悪くて覚えていたゲームがあります。
徳間書店がFCで発表したソフト、ラビリンスがそれだ。



原典は、1,980年代の海外映画だったと記憶している。

主役の女の子がやけにかわいかったのと、ゴブリンの王って役だと思うのだが、その役者がカッコよかったことが妙に印象深く、他はあまり記憶が無い。

で、このFCゲームのラビリンスは、グラフィックというか、画像は結構きれいで、BGMも静かでセンスが良いのだ。
だが、操作が本当に悪く、特に、十字キーを倒した通りに動かないステージで、それは思う存分に発揮されるのだ。
謎もよくわからず、クリアしたって声をほとんど聞いたことが無い。
難しいというのではなく、意味が分からないので挫折してしまうというのが、正確な回答となるのだろうか。

このようなゲームをプレイしてみるのは、人生の無駄だと思う人と、いい経験、いや、ネタになったなあと思う人と、大別できそうである。

駄文失礼。

攻略記事(アップ予定無し)は、下記URLサブブログにて↓
http://gingyoku48.seesaa.net/

この記事へのコメント